RSS|archives|admin

久しぶりの更新

2015.03.04 Wed
え~、長らく絶賛放置中だったサイトを更新しました。
今回もまどマギのファンアートですが。
本サイトマテリアルフラワー*のほうで公開しております。

幸福論


Category:カラーイラスト | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

なんとなくね

2015.02.18 Wed
描いてみました。
昔からグリザイユ彩色方にはちょっと憧れてたのですが、なにせ
ラフは紙にしか描けなかった故、長らくただ憧れの存在でしたが
最近ようやくデジタルでラフが描けるようになったので。
chaine
なんか色々ごまかしてますが。
絵を一通りデジタルで描けるようになってしまった故、折角良い机を買ったのに
現在物置き場とかしている哀れなデスクちゃんをなんとかしたいのですが…。
いっそマシンをごっそりデスクの方に持って行ってはどうか?
あ~、だとプリンタとかスキャナが届かないけど、長いUSBのコード買えば
安泰じゃろか?

どうしよう、そうしよう。

と、いうわけで今年の目標はマシンのお引越し(距離的には約1Mほど)
にしたいと思います。





Category:日記 | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

あけましておめでとうございます

2015.02.03 Tue
まぁ、もう節分なんですけどね。
というわけで、年初めに脳スキャンを撮りましたww
結果的には異常なしだったんですが、面白半分に弟にスキャン
画像を送って「異常はないから平気だよ」と明記しておいたのに
私がCTスキャンを撮ったということだけが家族に説明され、母親が慌てて
電話してきたって言うね…www
ちなみにこちらがワテクシのお脳でゴザイマス↓
脳
一応詰まってますwww。

ナゼ脳スキャンを撮ることになったかというと、1月中旬くらいから体調が
崩れ、東京に雪が降った日の夜くらいからものすごい頭痛、悪寒、吐き気
がして風邪かとも思ったんですが熱はなく、とりあえず鎮痛剤だけ飲んで
その日は寝ました…と言うか、結局一晩中頭痛でほとんど眠れなかったんですが。
次の日起きても頭痛が治らずものすごい吐き気がして
吐いちゃって、昼にまた吐くという状態でなんとなく死んだばあちゃんが花畑から
追いかけてくる夢を見ましたよ(冗談)
…といういきさつをかかりつけの先生に話したらば、「脳に異常があるかもしれないから
脳スキャン撮れ」ということになったわけです。

とまぁ、病弱自慢できるようになったのもやっとで、つい昨日一昨日くらいまで
絶不調でトイレに起きるのも息が切れるくらい衰弱しておりましたが
ようやく座ってメール打ったりできるようになったので、そろそろ今年も
頑張ろうかなと(遅すぎるよ)

というわけで、今年もよろしくお願いします。

あ、あと年賀状を出さない雰囲気になっちゃってましてくださった方
すいません。元々筆不精なもんでなんともはや…。
一通、どなたかわからない方から来ているのですが、送り主の記載が
ないのでどなたがくださったのかわかりません。
私の住所を知ってるということは、リアルでお付き合いのある方だとは
思うのですが…。



Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

マテリアルフラワー*更新

2014.11.23 Sun
イラストに「魔法少女まどか✩マギカ 新章反逆の物語」のファンアートを
アップしました。
ファンアートを描くのは久しぶりというか。
もう何年描いてなかったんだかwww

ほむらをいじめすぎてカウンター喰らってダウン寸前のキュウべえはこの先
どうなるんでしょうね。
続編(があるなら)楽しみです。

Category:MF*更新履歴 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

まぁ、ワテクシ程度の者が言うことではないんですが

2014.11.11 Tue
最近はいろんな仕事やらせてもらっていろいろ勉強になることも
多いのですが、
その中で、スマホとかPCの彩色の仕事も含まれまふ。
自分とは違うテイストの彩色はとっても勉強になるし、
あー、こういうフィルタ使ったらこういう効果が得られっるのね。って
考えさせられるところも、彩色仕事の魅力なのですが。

…なんというか、原画家さんのツメの甘さにヤキモキすることもありまして。
私がデータで絵の仕事を初めて15年くらい経つかにゃ。
あの頃はまだネットの整備もままならなく電話回線でネットに繋いで
NTTからの請求書にビクビクしながら仕事してたもんです。
今は昔より格段に安い値段でネットサーフ出来て、資料もネットで検索
すれば大抵出てくるのですが。
なんというか、『資料見ないでテケトーに描いてるよね』って方が多く。
(もちろんガッツリ調べ上げてパーペキな原画を上げてくる作家さんも
多数いらっしゃるのですが)
いや、これは違うでしょ(゜´Д`゜)って原画が結構あったりして。
もちろん原画家さんも限られた時間で枚数あげなきゃいけないんで
そこはまぁ…みたいなこともあるとは思いますが。
時代背景でどうしても着物を描かなきゃいけないのに着物の構造が
おかしい。とか…ちょっとね。
確かに着物を描くのはすごく難しいんですが、そこはメインなんだから
ちゃんとしようよ。みたいな…。
故和田慎二先生は「着物が上手く描けない」とこぼされて、恩師の方に
「着物を一着作ってみろ」と言われたそうです。
流石にそこまではできませんが、それくらいちゃんと調べ上げて描けって
ことですよね。

なんて…ここまで随分エラソーなこと書いちゃいましたが、自分もそんなに
ちゃんと描けてるわけでもないですが、上手く描けてる風な誤魔化し方は
あると思うんです。誤魔化しは最終手段ですけどね。
なんにせよ、『描かなきゃ上手くなれない』というのは共通してると思うのです。
特に、凡人はね…www
なんでも精進ありきですよね…。

あ、なんかスゲー長い記事(´Д`;)しかも結局何が言いたいのかわかんないし。
彼岸花
売れ残りwww


Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

近況。

2014.09.13 Sat
最近データでラフを起こせるようになったので
机が完全に物置場になってしまいました。

…片付けNeva。
近況


Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

私が死んだら泣いてくれる?

2014.09.03 Wed
近所の喫茶店の看板犬がもうすぐ16歳になるらしい。
私が住んでる区では16歳になった犬は表彰されるらしい。
犬の16歳はかなりの高齢。
元気で16歳まで生きてるならそれでいいけど、その犬は内蔵の
病気で死にかけ、今も点滴を受けに定期的に病院に通ってるらしい。
私もその子が死んでしまうのは悲しいし、飼い主はもっと悲しい。

私も過去16歳の犬の死を家族で看取った。大人になって泣いたことがなかった
弟が号泣して私もしばらくはそのことを思い出してめそめそしていた。
今みたいに医療が発達していたらもしかしたら、延命のための治療をしていたかもしれない。

でもそれは飼い主のエゴであって、犬はどう思っているのだろうか?
そこまでして生きたいと思っているのか、それとももう死なせて欲しい
と思っているのか?
それはニンゲンにも言えることで、ただ心臓が動いてる状態を『生きている』
と言えるのか?
私の母方の祖母は脳梗塞で倒れて植物人間みたいな状態を半年続けて死んだ。
延命措置は一度始めてしまうと本人が死ぬまで止められない。
動くものに反応して目だけ動かしてる祖母は『認識』してるように見えたけど
医者には『本人はわかっていませんよ』と言われた。
父方の祖母も延命措置を受け、認知症になり誰かもわからないまま何年も
病院で過ごして死んだ。父が延命措置を望んだから辛い死に方を父方の祖母はした。
母方の祖母も同じ。本人はそれを認識していなくても辛い生だったに違いない。

15年前に母が脳梗塞で倒れた。症状は軽かったので半身麻痺はのこったものの、
日常的な生活は支障なくこなしてる。母は自分の母親と義母の最期を見ているので、
「今度私が倒れたら、延命措置だけはしないで死なせてくれ」と言っている。
私も『ただ心臓が動いているだけの』祖母を見ているので、そうしてやりたいけど、
その直面に自分が立ち会った時、果たして私は『死なせてやる』事ができるのだろうか?

いつかヒトは死を超越する事が出来ることができるかもしれない。
しかしそれは、『生き物』として幸せな事なのであろうか?

死んで泣いてくれる誰かが居る方が、幸せなのではないだろうか?

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |