RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画を観ましたよ

2009.08.06 Thu
ノウイングと、トランスフォーマー・リベンジを観に行ってきました。
以下ネタバレな可能性があるので。
ノウイングは色々と考えさせられる映画だったような気がします。1959年にこれから50年起こる事故を予言していた少女、ルシンダの手紙を偶然手にした物理学者のジョン。紙いっぱいに書かれた数字を読み解くうちに実は大事故が起こった日付と犠牲者の数と言うことがわかってくる。そして自身もその手紙に書かれた惨事に関わってしまう。偶然なのかそれとも必然なのか。そしてこの手紙を見たこと自体ジョンにとって必然的なことだったのか?事故が起こる凄惨なシーンはまさに阿鼻叫喚の地獄絵図。すごい描写です。最後は救われない映画だと言う話はなんとなく聞いていたのですがなるほどアレは救われないよなぁ。主人公アレだもんなぁ。最先端の科学をテーマにした話でもありながら、宗教的ともとれるシーンもあったりします。あれは宇宙人ではないよね。個人的には神の使いかと思うのですが。そして結局あの映画は現代版ノアの箱舟なのかなぁ。ルシンダが何故死んだのかというのがよくわからない。あの人もささやく声が聞こえていたと言うことは、選ばれた人間のはずなのになぁ。トランスフォーマー・リベンジは文句なしに面白い作品でした。前作高校生だったサムは今回大学生に。あいかわらずサムのママは変な人だし、地味にサムん家の犬が一匹増えてたし、バンブルビーに愛称がついて「ビー」と呼ばれていたし(かわいい)前回主要だった登場人物もたくさん登場します。中でも前回イヤミなキャラだったシモンズは今回良い役ですよ。オートボットもたくさん出てきます。(漫才やってるよーな双子のオートボットもいました)リベン時の主役オートボットはやっぱりオプティマス・プライムかー。個人的にはバンブルビーが好きでビーの見せ場もあったんですが話はオプティマス中心に動いてたような気がします。というかそうでした。なんとなく次回に続きそーな終わり方をしたので次回作も期待ということで。

Category:映画感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<鮮やかなその世界は光と影を写し出す。驚くほどに強く、そして悲しげに(らくがき) | HOME | 落ちる閃光、そして音は群れを成してやってくる(カラーイラスト)>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://hyougokikusuimaru.blog6.fc2.com/tb.php/57-15527e6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。